考えている夫婦
  • ホーム
  • ポゼットが射精中枢に働きかけるメカニズム

ポゼットが射精中枢に働きかけるメカニズム

悲しいカップル

射精までのタイミングを自分でコントロール出来ない・膣に挿入してからすぐに2分以内に射精してしまうなどの症状を総称して早漏症と言います。
早漏症は現在では若い男性から中年の男性まで実に幅広い年齢層の方がお悩みだと言われています。
早漏症の原因には様々な理由があるとされていますが、比較的若い男性の方に多いと言われるのは心因性の問題だとされています。
そもそも性行為に慣れていなかったり仕事などで抱える精神的なストレスや、コンプレックスなど内面に抱える様々な不安要素が引き金になっていることが多いようです。
そのため性行為で感じる性的刺激に対して過度に興奮しやすいために、すぐに射精に達してしまうと考えられています。
このような早漏症のお悩みはパートナーとの関係を複雑にしてしまう要因にもなり兼ねます。
そのため自分が早漏症かもしれないと気付いたら、出来るだけ早めに対策を講じることでこのようなお悩みから解放される確率が高くなります。
ポゼットは早漏症の治療薬として知名度の高いポリリジーのジェネリック医薬品です。
ポゼットは主成分のダポキセチンの作用で射精までのタイミングを今までの数倍延ばせるという効果があります。
早漏症の男性の方はノルアドレナリンという脳内の伝達物質が通常よりも活発であるという特徴があります。
ポゼットの主成分ダポキセチンにはこのノルアドレナリンの分泌を抑制するという作用があります。
そのためセロトニンの分泌を促すことで射精中枢に働きかけるので、射精までのタイミングを延長するというのがポゼットの早漏症改善のメカニズムとなっています。
またポゼットはジェネリック医薬品のため、ポリリジーなどの先発医薬品に比べて安価で購入が出来る点もメリットの1つだと言えます。

人気記事一覧
サイト内検索